黒酢効果と飲み方

黒酢と香醋の違い

香醋とは、中国で昔から製造している伝統的な黒酢のことです。豊かな香りがあるので、香醋と呼ばれます。
日本の黒酢も、歴史が古く、江戸時代後期から作られています。
黒酢は、健康や美容に効果があると言われており、近年の健康志向で、注目が集まっています。
ここでは、中国の香醋と日本の黒酢の違いを紹介します。

原材料と製造方法の違い

黒酢と香醋では、原料や製造方法に大きな違いがあります。

日本の黒酢の原料は、玄米や大麦ですが、香醋は玄米、大麦以外に、もち米やコーリャン、小麦やあわ、もみ殻、ふすまなどを使用しています。

次に製造方法についてですが、日本の黒酢は、原材料を1つの壺に入れて、1年から3年の期間をかけて自然の熟成、発酵させ、人の手は加えません。このとき、液体の状態で発酵させます。

一方、香醋の場合、水分をほとんど含まない状態で、熟成、発酵させる固形発酵という方法で製造します。発酵期間は長く、中には5年や8年とかなり長期間にわたるものもあります。また、中国では、職人さんがつきっきりで手を加えながら発酵させます。

アミノ酸の含有量

香醋と日本の黒酢の大きな違いは、「アミノ酸の含有量」です。

もち米を原料として作られた香醋は、アミノ酸含有量がかなり多く、日本の米酢の約20倍、黒酢の約3倍と言われています。

香醋の特徴の1つは、発酵、熟成期間が長いことですが、その期間が長ければ長いほど、アミノ酸の量は増えていき、8年間熟成させた香醋の場合は、日本の米酢の約25倍になります。

また、香醋には、人体を構成する20種類のアミノ酸すべてが含まれています。

このように、香醋は日本の黒酢と比べてアミノ酸含有量が非常に多くなっています

イソロイシン、ロイシン、バリンなど体内で合成することができないアミノ酸も豊富に含むので、香醋には脂肪分解酵素を活性化させる働きもあります。
そのため、毎日香醋を摂取し、さらに有酸素運動を行なえば美容とダイエット効果が期待できます。
 

よく読まれているコンテンツ

飲む時間時間はいつが効果的?
黒酢の効果とメリット・デメリット
黒酢サプリメントの選び方
 

効果的に黒酢を摂取できると人気のサプリメント

三黒の美酢
健康家族熟成黒酢にんにく
熟成やずやの香醋

TOPページはこちら