黒酢効果と飲み方

黒酢の1日に必要な量

1日に必要な黒酢の摂取量は30mlで、大さじ約2杯分になります
これを食事で摂ろうとした場合、酢の物が10人前、酢豚が4人前、寿司が2人前と普通の人には食べきれない量になってしまいます。

また、必要量を摂取しようとすることにより、余分なカロリーを摂取することになってしまうので、ダイエットには逆効果です。

黒酢を簡単に摂取する方法は「飲む」ことです。30mlという量は、飲めば簡単に摂取できます。さらに、お酢だけを飲むと、食物繊維などによって吸収を妨げられることもないので、ダイエット効果も期待できます。
 

適量を守る

黒酢の摂取量は、多ければ良いわけではありません。

黒酢には体内では合成できな必須アミノ酸が含まれていますが、多く摂ったからといって、健康により良い効果があるというわけではありません。

食品なので大量に飲んでも特に害はなく、不要なものは体外に排出されるだけです。ただし、黒酢は酸味が強く、胃を荒らす可能性もあるので、必ず水などで薄めて飲むようにしてください。

特に、空腹時に黒酢を摂取すると、直接胃を刺激することになるので、空腹時には摂取しないことをお勧めします。

また、黒酢は、10倍から25倍に薄めて飲むことをおすすめします。特に、黒酢を水だけで薄めて飲む場合、いっぺんにたくさんの量を飲むと胃に負担をかけることになりますので、適量を摂取するようにしてください。

サプリメントの場合は、パッケージに1日の摂取量の目安が記載されていますので、適量を守るようにしてください。
 

黒酢の効果的な摂取方法

黒酢をおいしく健康的に飲むために、ハチミツを加えたり、ジュースや牛乳などで割ってみるのもよいでしょう。

さらに、黒酢はさまざまな料理に合います。肉料理や魚料理にかけたり、「あんかけ」に使用するとおいしく食べられます。また、ネットにも黒酢を使ったレシピがたくさん掲載されているので、参考にしてみるのもよいでしょう。

 

よく読まれているコンテンツ

飲む時間時間はいつが効果的?
黒酢の効果とメリット・デメリット
黒酢サプリメントの選び方
 

効果的に黒酢を摂取できると人気のサプリメント

三黒の美酢
健康家族熟成黒酢にんにく
熟成やずやの香醋

TOPページはこちら