黒酢効果と飲み方

黒酢Q&A

以下に、黒酢に関してよくある質問と回答を紹介します。


直接飲むのと料理に使うのとどちらが良いですか?

煮魚の場合は、お酢の主成分「酢酸」が魚の骨を溶かすので、カルシウムが身体に吸収されやすくなります。ただし、料理で使用するお酢の量は一般に少なめですので、特に苦手でなければ、直接飲む習慣をつけるとよいでしょう。


お酢を摂りすぎると身体に良くないのですか?

通常の料理に使う場合は、摂りすぎの心配はありません。ただし、直接飲む場合は、大さじ1杯程度の量を5倍以上の水で薄めるようにしてください。なお、空腹時は避けて飲むようにしてください。身体に良いといわれているお酢でも濃いめの状態で大量に飲むと、胃を荒らしてしまう可能性があります。


古いお酢を飲んでも大丈夫ですか?

お酢には殺菌効果があるため、食中毒菌は繁殖しません。また、長期保存によって悪い成分が発生する心配もありません。ただし、いったん封を切ると空気中の酢酸菌がお酢の中に入りこんで、繁殖し、濁ったり香りが変わってしまうことがあります。できるだけ早めに使いきるようにし、記載されている賞味期限を守るようにしてください。


黒酢の保存方法は?

開栓前でしたら、冷暗所に保管してください。開栓後は、必ず冷蔵庫で保管するようにしてください。


お酢の酸で、歯や骨は溶けませんか?

お酢の主成分「酢酸」にはカルシウムを溶かす作用がありますが、お酢は、胃を通過し小腸から吸収され、細胞で代謝されます。そのため、摂取したお酢が骨に触れることはありません。ただし、歯のエナメル質は酸によって溶けるので、歯磨きを怠った場合、歯を溶かすことがあるかもしれません。


妊娠中にお酢を飲んでも大丈夫でしょうか?

お酢はお酒から造られますが、アルコール自体は酢酸に変わっているので、アルコール分は残っていません。胃腸に負担がない範囲で摂取する分には心配ありません。
ただし、妊娠中および授乳中の摂取の安全性については、正確なデータがありません。したがって、食事以外からの過剰摂取は避けたほうが無難です。
 

よく読まれているコンテンツ

飲む時間時間はいつが効果的?
黒酢の効果とメリット・デメリット
黒酢サプリメントの選び方
 

効果的に黒酢を摂取できると人気のサプリメント

三黒の美酢
健康家族熟成黒酢にんにく
熟成やずやの香醋

TOPページはこちら